<ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント 最終日◇8日◇麻倉ゴルフ倶楽部>

 千葉県にある麻倉ゴルフ倶楽部を舞台に開催された第8回「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」。今大会で6年連続となる6度目の出場となったフリーアナウンサーの宮根誠司さんがトータル11アンダーで初優勝を飾った。

石川遼がビートたけしと…
 6アンダーのトップから出た宮根は、今日もスコアを5つ伸ばし2位に13打差をつける完勝劇で初めてカップを手にした。とはいえ、宮根のスコアは特別ルール※によるところが大きい。なぜなら同組の片山晋呉がトータル12アンダーを叩き出したことで、宮根のスコアも同じ分だけ下がるからだ。それは自身が一番分かっており、優勝インタビューでは「今日の優勝は自分で手にしたものではなく、片山プロからいただいたものです。私は話を聞いて付いて行っただけ」と恐縮しきりだった。

 だが、どんなかたちであれ優勝はやっぱり嬉しいもの。本来であれば、優勝を決めた日曜日の15時はテレビ局に入って夜の生放送に備えている時間。今日は強行スケジュールで本番へと向かう。それでも「ばたばたですが、気分良く生放送に行けますね。(今大会を放送する)テレビ朝日さんに負けないように頑張ります!※自身の出演はフジテレビ」と絶口調。ハイテンションで職場へと急いだ。

【著名人の部最終結果】
優勝:宮根誠司(-11)
2位T:舘ひろし(+2)
2位T:えなりかずき(+2)
4位:前田亘輝(+4)
5位T:小泉孝太郎(+6)
5位T:前田智徳(+6)
5位T:岩本恭生(+6)

※ルール
■著名人の部
・特別競技方法による36ホールストロークプレー(予選カットなし)
・ハンディキャップは18で打ち切り
・毎ホールのグロススコアはダブルパーで打ち止め
・アンダーハンディ競技で行う。また『ボーナスハンディキャップ』として、同伴プロのアゲインストパー【バーディ(-1)、イーグル(-2)、アルバトロス(-3)】分をグロススコアから引くことができる

<ゴルフ情報ALBA.Net>