<ウェルズ・ファーゴ選手権 2日目◇6日◇クエイルホロークラブ(7,575ヤード・パー72)>

 2日目を迎えた米国男子ツアー「ウェルズファーゴ選手権」。トップから出たアンドリュー・ルーペ(米国)がスコアを1つ伸ばし、トータル8アンダーで首位をキープした。

松山英樹の思いにリッキー・ファウラーも賛同 熊本へ向けてのメッセージ
 2位には1打差のアロベルト・カストロ(米国)、3位タイにはトータル6アンダーのチェッソン・ハドリー(米国)とマーク・ハバード(米国)が続いている。

 日本勢では松山英樹はトータル1オーバーで62位タイとギリギリで決勝ラウンドへ。岩田寛は13オーバーの152位タイと大崩れし予選突破はならなかった。


<ゴルフ情報ALBA.Net>