<ハッサンII世トロフィ 初日◇5日◇ロイヤル・ゴルフ・ダール・エス・サラム レッドコース>

 5月5日(木)に開幕した欧州男子ツアー『ハッサンII世トロフィ2016』。モロッコの首都・ラバトを舞台に開催されている同大会には、昨年の『片山晋呉インビテーショナル ネスレマッチプレー選手権 レクサス杯』優勝による推薦枠で武藤俊憲が出場。初日を3バーディ・2ボギーの1アンダーで終え、首位と3打差・17位タイと上々のスタートを切った。

【関連】開幕前に大会看板の前で気合を入れる武藤俊憲
 最終組スタートなった初日は現地時間14時10分にティオフ。立ち上がり2番パー3で幸先良くバーディを奪うも、その後のチャンスを決めきれずにいると8番のセカンドショットがガードバンカーにつかまり、この日初ボギー。前半をイーブンパーで終える。

 後半は10番からの3ホールは耐える時間帯となるが、13番で10mのバーディパットを沈めると、続く14番も約2.5mのチャンスを創出。決めきることができなかったが15番で5mを奪取し、2アンダーまでスコアを伸ばす。

 終盤に差し掛かる16番でボギーとし、1アンダーとして迎えた最終18番パー5。約270ヤードのセカンドショットを3番ウッドで振りぬくと、ピン奥4.5mのイーグルチャンスに。沈めれば一気に4位タイに浮上するパットだったが、ファーストパットを外すと続くバーディパットも決まらずまさかのパー。浮上のチャンスを逸してのホールアウトとなってしまった。

 ホールアウト時刻は現地時間19時30分。「(芝の影響で)急に左へ曲がった」と日照時間の長いモロッコでの最終組ならでは洗礼を受けたが、「15番のバーディも左に引っかけたものが戻ってきて入っているのでプラスマイナスゼロ。トップが4アンダーと意外と伸びていないですし、明日は午前スタートなので楽しみです」と笑顔を見せた。ショットの精度は1日を通して保たれており、4アンダーも可能だった仕上がり。現地時間9時35分(日本時間17時35分)からスタートする明日は3打差を追いかけるべく、バーディラッシュを狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>