<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 初日◇5日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,605ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアーのメジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」が茨城ゴルフ倶楽部 東コースを舞台に開幕。メジャー2勝目を狙う藤田さいきが5バーディ・2ボギーの“69”をマーク。3アンダーで1打差の3位タイと好スタートを切った。

【関連写真】メジャー初日の激闘をフォトギャラリーで振り返る!
 「今日はショットが良かったです。最後(3パットのボギー)はもったいなかったけど、まだ伸びしろがあると思って」と振り返った藤田。その影でメジャー初戦の週にドライバーをピンゴルフの『G ドライバー』に変更する荒業に出ていた。

 きっかけとなったのは2週前の「フジサンケイレディス」。優勝した大山志保と初日同組で回り「スイング変えてないのに飛距離が伸びたって聞いて。それは試すしかないだろうと(笑)」。クラブ契約フリーであるメリットを最大限に活かし、「話題のクラブはなるべく試したい」とバッグインした。

 新ドライバーはスコアメイクに大いに奏功。だが今後のエースドライバーになるかはまだ未定だ。「ウェッジ以外はかなりの回数を変えています。まだコレ!というのには出会えてなくて」。選択肢は無限大、時間をかけてゆっくりと運命の14本を探していく。


<ゴルフ情報ALBA.Net>