<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 事前情報◇3日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,605ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアーのメジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」が5日(木・祝)より開幕。この試合には米国ツアーを主戦場とする宮里美香は今季初の日本ツアー参戦となる。

レクシー・トンプソンが前夜祭でセクシーなドレス姿を披露
 「体調は悪くないです。ゴルフの調子もストレスなく振れているで」とコンディションは良好。今季初の日本での試合にも「優勝争いはしたいし、1打1打大事にしてアグレッシブなプレーをしたい」と意気込みはある。

 ただ、心配されていたのはメンタル面。先々週の米ツアー「スインギング・スカートLPGAクラシック」の最終日には苦しい心情を吐露。「だんだん追い込まれている感もある。エンジョイしたいのにできない。結果を気にしすぎなので、何を考えてゴルフをするのか、もう一回考えたい」。

 今季はオリンピック出場や優勝争いに多く絡むことなどを目標としていたが、「結果を求められる状態が長く続いてメンタルをやられていた部分がありました」とモチベーションの低下に悩まされていた。

しかし、東京に来て「沖縄の友人と会えて気分転換ができた」とリフレッシュ。「決め事が多すぎた。もう少し自然体でゴルフをするのが私のスタイル」、結果のことを頭から完全に切り離すことは難しいが、それだけにとらわれることなくゴルフを楽しむ気持ちも大事にする。

 「今はいかに楽しくラウンドするか。1打1打1試合1試合をどう戦っていくか」、五輪や優勝にとらわれるあまり見失っていた自分。久しぶりの日本での戦いはまず、自分の”スタイル”を取り戻すことに主眼を置く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>