<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオーリンズ 4日目◇1日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>

 TPCルイジアナで開催されている、米国男子ツアー「チューリッヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ」は4日目も悪天候に悩まされた。初日からスケジュールが大幅に乱れていたこの大会。この日は第3ラウンドが行われたものの、荒天のため現地時間の10時8分に競技が中断。それから再開されることなくサスペンデッドが決定した。

雷雲が立ち込めるニューオーリンズ
 残りの競技は明日月曜日に持ち越しに。競技は現地時間の早朝7時より再開される予定となっている。なお、月曜日も天気は荒れる予報で2013年の「ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」以来の54ホール短縮競技となる可能性が高い。

 暫定首位に立っているのはブライアン・スチュアード(米国)とジョナサン・ベガス(ベネズエラ)の2人。2打差の3位にはボビー・ワイアット(米国)、2週連続優勝を狙うチャーリー・ホフマン(米国)と世界ランクNo.1のジェイソン・デイ(オーストラリア)らが3打差の5位タイにつけている。
 

<ゴルフ情報ALBA.Net>