<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオーリンズ 3日目◇30日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>

 TPCルイジアナで開催されている、米国男子ツアー「チューリッヒクラシック・オブ・ニューオーリンズ」は悪天候に悩まされている。初日に悪天候により大幅なスケジュールの変更を強いられると、2日目も全選手がホールアウトできずにサスペンデッド。さらに、3日目も悪天候により中断している。

チューリッヒクラシック2日目を動画ハイライトで振り返る
 第2ラウンドまでは全選手消化して日本の岩田寛は1イーグル・5ボギーの“75”で3つスコアを落とし、トータルイーブンパーの93位タイで予選落ちとなった。初日は中断明けにスコアを伸ばして上々のスタートを切るも、2日間にわたった第2ラウンドはリズムを最後までつかむことができずに決勝ラウンド前に姿を消すこととなった。

 第2ラウンド終了時点の首位にはトータル12アンダーとしたブライアン・スチュアード(米国)。1打差の2位タイでジョナサン・ベガス(ベネズエラ)とジェイミー・ラブマーク(米国)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>