<中日クラウンズ 2日目◇29日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>

 国内男子ツアー「中日クラウンズ」は愛知県にある名古屋GC和合コースで第2ラウンドを行い、アンダーパーで回ったのがわずかに2人という難しいコンディションの中をこの日イーブンパーでまとめた片岡大育がトータル4アンダーで単独首位に浮上した。

初日はエージシュートに迫るプレーを見せたジャンボ尾崎だったが…
 1打差トータル3アンダーの2位タイに2週連続優勝を狙う池田勇太と歴代チャンピオンの一人であるブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)。トータル2アンダーの4位タイには小田孔明、キム・キョンテ(韓国)、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、H・W・リュー(韓国)の4選手。トータル1アンダーの8位に稲森佑貴、トータルイーブンパーの9位タイに山下和弘、宮本勝昌らが続いている。

 初日エージシュートにあと一歩に迫る“70”をマークした尾崎将司は一転“87”を叩く大乱調でトータル17オーバーで予選落ちとなった。

【初日の順位】
1位:片岡大育(-4)
2位T:池田勇太(-3)
2位T:ブレンダン・ジョーンズ(-3)
4位T:小田孔明(-2)
4位T:キム・キョンテ(-2)
4位T:マイケル・ヘンドリー(-2)
4位T:H・W・リュー(-2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>