「スインギング・スカートLPGAクラシック」でツアー2勝目を挙げた野村敏京が27日に帰国し、都内で取材対応を行った。

野村敏京の優勝シーンを動画で振り返る
 2月の「ISPSハンダオーストラリアオープン」に続くシーズン2勝目を挙げての凱旋帰国。「目標だった2勝がこんなに早くできてうれしい。まだメジャーで勝つという目標が残っているのでそこに向けて頑張りたい。メジャーで勝つ自信もある」と新たな目標に向けて意気込んだ。

 今季の飛躍にはメンタル面の変化が大きかった。「去年より楽しくゴルフできている結果だと思う。前はボギーやダボを打ったら悩んだりへこんでいたけど、今はバーディを取ればOKと切り替えられている。プロになるレベルだと技術はあまり変わらないと思う。メンタル強い人が勝つ。マインドコントロールできる人が結果残す」。以前はコーチがキャディを務めていたが、今季から担ぐジェイソン・マクディード氏がラウンド中にリラックスさせてくれるなど周囲のサポートも好影響を与えている。

 2勝目により8月のリオオリンピック代表入りは、ほぼ確実となった。「オリンピックは大きな大会だと思うけど、一般の試合も同じくらい大切。でも、オリンピックに出たら金メダルを獲るつもり」と力強く宣言した23歳。勢いそのままに大きなことをやってのけそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>