<男子世界ランキング>

 最新の男子世界ランキングが発表され、アジアツアーと国内男子ツアーの共催試合「パナソニックオープン」を制した池田勇太が前週の98位から79位にジャンプアップ。松山英樹の14位に次ぐ、日本勢の2番手に浮上した。

トロフィーを手に微笑む池田勇太
 3番手は片山晋呉の81位、4番手は藤本佳則の117位となっている。

 米国男子ツアー「バレロ・テキサス・オープン」でツアー通算4勝目を挙げたチャーリー・ホフマン(米国)は前週の57位から34位に浮上。なお、トップ10の選手たちに順位の変動はなかった。

【男子世界ランキング】
1位:ジェイソン・デイ(12.28pt)
2位:ジョーダン・スピース(11.44pt)
3位:ローリー・マキロイ(8.99pt)
4位:バッバ・ワトソン(8.15pt)
5位:リッキー・ファウラー(7.65pt)
6位:ヘンリック・ステンソン(7.60pt)
7位:アダム・スコット(6.99pt)
8位:ダスティン・ジョンソン(6.71pt)
9位:ダニー・ウィレット(6.34pt)
10位:ジャスティン・ローズ(5.82pt)

34位:チャーリー・ホフマン(2.98pt)

14位:松山英樹(4.61pt)
79位:池田勇太(1.75pt)
81位:片山晋呉(1.74pt)
117位:藤本佳則(1.34pt)
120位:宮里優作(1.31pt)
123位:谷原秀人(1.29pt)
126位:岩田寛(1.26pt)
137位:石川遼(1.17pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>