国内女子ツアー7戦目の『フジサンケイレディスクラシック』が終了。3打差を逆転し、2006年以来となる同大会優勝を果たした大山志保が1,440万円を獲得し、賞金ランク10位に浮上した。

【関連フォト】川奈での逆転劇をフォトギャラリーで振り返る!
 トップは変わらず申ジエ(韓国)。2位にテレサ・ルー(台湾)、3位にイ・ボミ(韓国)と海外勢が続いている。

【国内女子賞金ランキング】
1位:申ジエ(29,530,000円)
2位:テレサ・ルー(29,488,000円)
3位:イ・ボミ(28,333,333円)
4位:キム・ハヌル(26,416,666円)
5位:笠りつ子(22,755,000円)
6位:渡邉彩香(21,769,066円)
7位:李知姫(20,688,333円)
8位:柏原明日架(19,947,999円)
9位:菊地絵理香(19,190,000円)
10位:大山志保(17,200,400円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>