<フジサンケイレディスクラシック 最終日◇24日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード ・パー72)>

 『フジサンケイレディスクラシック』最終日。首位と2打差・8アンダー3位タイからスタートしたイ・ボミ(韓国)は2バーディ・ノーボギーと得意の最終日でチャージできず、優勝争いに絡むことなく終戦。それでも「トップ5に入れたので満足です」と約1か月ぶりの国内ツアー復帰戦での上位フィニッシュを評価した。

【関連】ドレス姿もキュート!イ・ボミフォトギャラリー
 「前半は風が吹いていて難しかった」と上位にプレッシャーをかけるボミらしいプレーは影を潜め、「2日目はパットが良かったですが、今日は入れることができなかったし、ショットも近くに寄せられなかった」と耐える展開に。11番のボギーでトータル7アンダーとして首位グループから脱落してしまった。

 それでも終盤16番から連続バーディを奪取し“71”のアンダーパーフィニッシュ。今季の国内ツアー出場3試合の最終日はすべてアンダーパーと伸ばして大会を終えていただけに「アンダーパーで嬉しかった。トップ5に入ることができて満足しています」と喜んだ。

 「来週は新しいコースなので楽しみだし、また早いうちに優勝できるように頑張ります」。今季すで1勝を挙げ、最低順位は6位T。昨年同様の安定感ある強さで来週以降のツアーも盛り上げていく。


<ゴルフ情報ALBA.Net>