<フジサンケイレディスクラシック 初日◇22日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード ・パー72)>
 
 川奈らしい強風は吹き荒れず、比較的穏やかな風のなか行われた『フジサンケイレディスクラシック』初日。単独首位6アンダーの笠りつ子に続く、4アンダー・2位タイグループに10人が並び、混戦模様となっているが、静岡・熱海出身の渡邉彩香も同位置につけ、地元優勝へ向けて好スタートを切った。

【関連】ドレス姿も多数!渡邉彩香フォトギャラリー
 
 奪ったバーディは全選手中最多の8個。「バーディを狙っているから多少のボギーはしかたないですが、2番のダブルボギーは…」と積極姿勢で戦うリスクはあるもの、落としては奪い返しての連続で、伸ばし合いの中でも上位に踏みとどまった。

 「格段にチャンスが多くなって、力の入る大会でも8個のバーディを取れるゴルフができたことは自信になります」と昨年からの成長を語った渡邉。バーディ発進も2番のダブルボギーでスコアをオーバーにしたが、「リズムを作るために(パー5の連続ホール)4番、5番で絶対にバーディを!」と決意。見事実行して連続バーディを奪い、ターニングポイントでいい流れを引き寄せられたことを評価した。

 明日以降は天候次第で“伸びない日”になる可能性も十分だが「いいプレーが出来ると思う」と意気込む渡邉。『ヤマハレディースオープン葛城』では最終日猛追も3位タイに終わり、ホールアウト後「今は悔しさしか残っていません」と珍しく感情をあらわにした。地元開催2試合目となる今大会は悔いを残すことなく戦い、今季初優勝を勝ち取りたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>