<パナソニックオープン 初日◇21日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(7,130ヤード ・パー71)>

 国内男子ツアー「パナソニックオープン」の初日。風速5.2mの強風に多くの選手が苦戦する中、永野竜太郎が6アンダーで2週連続の首位発進を見せた。

国内男子ツアーを特選フォトで振り返る!
 続く5アンダーの2位にはアメリカのジェイソン・クヌートン。4アンダーの3位タイグループには池田勇太、矢野東、星野英正ら6人がつけている。

主要選手コメント

・永野竜太郎(6アンダー単独首位)
「良いバーディパットを打てていて、それが入ってくれました。風が強くなる前にスコアを伸ばせたのはラッキーの部分も大きいと思います。今年の目標は常に優勝争いすることで、2週連続でできているので今週も変わらずにやり通したいと思います」

・ジェイソン・クヌートン(5アンダー単独2位)
「5アンダーは良いスコアだと思う。早い時間のスタートで風の影響を受けずに済みました。日本コースはフェアウェイが狭いので精度が重要。自分のプレースタイルにも合っていて日本でプレーするのは大好きだよ」

・池田勇太(4アンダー3位タイ)
「これで満足じゃないと言ったら他の選手に怒られるでしょう。午後はつらいコンディションでしたけど、前半でバーディを獲れたのが良かったと思います。先週よりも状態はいいですし、上を目指してやってきていますし、明日からも頑張りたいです」

・矢野東(4アンダー3位タイ)
「風が吹いた中で4アンダーは良いと思います。ティショットが比較的良くてずっとフェアウェイから打っていた。自分がオフにやってきたことが初めて合ってきたのかなと思います。スイングで変えた部分が山ほどあるほど大きくいじりました。昨日までの日本プロの予選会(7位タイで出場権獲得)もそうでしたが、自分の中で良い感じだなと思ったらスコアも出せた。調子とスコアがイコールになることが大事。だけど、今日もまだまだミスがあった。もっと良いスイングをして良い球を打ちたい」

・星野英正(4アンダー3位タイ)
「たまたまです、風がなくてラッキーです(笑)吹いてからは寄せワンの連続でした。こういうペースでこういうゴルフが毎日できれば。まだ色々試している段階なので、大事に大事にやります」

・重永亜斗夢(1アンダー18位タイ)
「もったいないゴルフをしました。2アンダーでハーフターンして、後半3連続が来たのにすぐに連続ボギー。そして最後は2打目を木に当ててダボですからね。つまらないゴルフをしました」

<ゴルフ情報ALBA.Net>