<ロッテ選手権2日目◇14日◇コオリナゴルフクラブ(6,383ヤード・パー72)>

 米国女子ツアー『ロッテ選手権』2日目。初日3オーバー・77位タイとなった今大会初代チャンピオンの宮里藍は18ホールを終え、5バーディ・1ボギーでトータル1アンダーとし、予選通過圏内に浮上した。

 宮里は出だし2番でのバーディを皮切りに3連続奪取。8番でボギーとするも、2つ伸ばしてハーフターンとなる。さらに後半立ち上がり10番で1つ伸ばしてトータルイーブンに戻すと最終18番でもバーディを奪い、ホールアウト時点で暫定26位タイに浮上した。

 日本勢では、初日日本人最上位発進となった野村敏京がトータル1アンダーと1つスコアを伸ばしたものの、昨年の『全米女子オープン』以来の米国女子ツアー出場となったアマチュアの山口すず夏と、横峯さくらはトータル4オーバー、上原彩子はトータル5オーバーでホールアウトしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>