国内男子ツアー「東建ホームメイトカップ」の初日。同組でラウンドした熊本出身の27歳、永野竜太郎と重永亜斗夢が6アンダーで首位に並んだ。

『東建』初日のプレーを振り返る!国内男子ツアーフォトギャラリー
 1打差の3位タイには池田勇太と松村道央、2打差の4位タイには市原弘大、薗田峻輔、今平周吾、この大会を2005年と11年に制している高山忠洋らがつけた。

 以下に主要選手のコメントを掲載。

・永野竜太郎(6アンダー首位タイ)
「ピンチらしいピンチはなかったです。ノーボギーは上出来でしたね。今日の午前中は風が無かったのですが、後半は吹いてきてバーディを獲るというよりはパーをにするのに必死でした。スタートが午前中で良かったですね」

・重永亜斗夢(6アンダー首位タイ)
「毎年、ショットが悪いまま開幕戦を迎えてしまっています。でも、ここはコースも広いし、曲がってもセカンドが打てるところがあるので。このコースとの相性はいいと思います。ラフも短いし、グリーンも整っている。コースも広いし、グリーンも合っていると思います」

・池田勇太(5アンダー3位タイ)
「いいゴルフだったと思います。最後の最後は2メートルの苦しいパーパットでしたが。不安は確かにありました。今日もやっていて、いい部分、悪い部分がはっきりしていました。昨日もいいましたが、全体的な調子は悪くない。開幕戦から優勝できるようになりたいですね」

・高山忠洋(4アンダー5位タイ)
「よくバーディパットが入ってくれました。18番ぐらいから風が強くなって、2番では池に入ってしまいました。7番でもグリーンを捉え切れなかったけど、開幕としては上出来ですね。このコースは風が吹いて難しいのですごい好きかと言われればそうでもないですが、よく練習もさせてもらっているので、他の人よりは有利かな。今年は自分に挑戦というかすべて塗り替えたい。今までで言えば賞金ランク2位が最高なので、超えるには賞金王しかない。それ向けて一生懸命やりたい」

・塩見好輝(4アンダー5位タイ)
「ショットはあまり良くないですが、3〜4メートルのパターがポコポコ入ってくれました。曲がらないようなラインが多かったです。読みがしっかりとできていましたね。アマチュアの亀代くんがすごく良いプレーをしていたので、負けられへんなと思ってプレーしました。すごく飛んでいたし、アイアンもいい球打ってましたね」

・片山晋呉(2アンダー18位タイ)
「午前中、バタバタしていたり良い悪いの差が激しかった。フラフラしていて、思ったよりもダメージ大きいのかなと思いました。風は考えないとですね、僕は難しいコースのほうが好きですから」

<ゴルフ情報ALBA.Net>