<東建ホームメイトカップ 初日◇14日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード ・パー71)>

 男子ツアーの国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」は第1ラウンドが終了。同組でラウンドした熊本県出身で27歳の2選手、永野竜太郎と重永亜斗夢が6アンダーで首位を分け合った。

国内男子ツアー フォトギャラリー
 永野は6バーディ・ノーボギーの“65”、重永は4連続を含む7バーディ・1ボギーの“65”。お互いにこの大会におけるベストスコアをマークした。

 「ピンチらしいピンチはなかった。ノーボギーは上出来」とこのラウンドを振り返った永野。このオフはシンガポールやニュージーランドなど海外を転戦しながら調整し「ゴルフの状態を良くしよう」と全体的なレベルアップを目指してきた。初優勝を掴むために自身に足りないものを“経験”と分析。「優勝争いをする回数を増やせれば結果はついてくる」と上位で最終日を迎える回数を増やすことが目標だという。

 重永はショットに不安を抱えたまま今大会へと入ったが「このコースは広いので曲がってもセカンドが打てるところにある」と2013年にも初日首位発進を決めており、昨年は8位タイとコースとの相性が良い。しかし初優勝よりも「まずはつまづきたくないという気持ちが強いです。ますは予選を通って。この先も長いし」と明日からも慎重にプレーをしていく意向だという。

 小学生時代からの知り合いで一緒に回れば、やはり“負けたくない”と意識するのかと問われると、両者とも「あまり意識はしない」とのこと。ただ永野は「昔から上手かった」、重永は「ジュニアのころは飛距離で70ヤード置いていかれた」とお互いの長所を称えていたのが印象的だった。

 明日も同郷で同い年の2人が意識せずとも引っ張りあうようにスコアを伸ばしていくのだろうか。第2ラウンドは12時40分に1番ティからスタートする第30組に注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>