<東建ホームメイトカップ 初日◇14日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード ・パー71)>

 国内開幕戦となる男子ツアー第3戦『東建ホームメイトカップ』。全選手が初日のラウンドを追え、重永亜斗夢と永野竜太郎が6アンダーで首位発進。そして今季、クラブ契約フリーやウエア契約変更など心機一転シーズンに挑む池田勇太が1打差3位タイと好スタートを切った。

【関連】今季からクラブ契約フリーの池田勇太 アイアンはヨネックス?
 池田は練習日、プロアマ戦までクラブセッティングが定まっていない状況で「完璧には程遠い」と語っていたが、5バーディ・ノーボギーと安定したゴルフで上位につけた。

 池田と同じく3位タイには松村道央、2打差・4アンダー5位タイには今平周吾ら7選手が並んでいる。

 昨季賞金王のキム・キョンテ(韓国)は3アンダー・12位タイ、昨季賞金ランク2位で今年から選手会長を務める宮里優作は1オーバー・52位タイとなっている。

【東建ホームメイトカップ 初日順位】

1位T:重永亜斗夢(-6)
1位T:永野竜太郎(-6)
3位T:池田勇太(-5)
3位T:松村道央(-5)
5位T:塩見好輝(-4)
5位T:今平周吾(-4)
5位T:高山忠洋(-4)
5位T:市原弘大(-4)
5位T:薗田峻輔(-4)
5位T:朴ジュンウォン(-4)
5位T:池村寛世(-4)
9位T:キム・キョンテら(-3)ほか5選手

<ゴルフ情報ALBA.Net>