<KKT杯バンテリンレディスオープン 事前情報◇14日◇熊本空港カントリークラブ(6,452ヤード ・パー72)>

 最強女王が日本に帰ってきた。『KKT杯バンテリンレディス』の開幕を控えた14日(木)、イ・ボミ(韓国)がプロアマ戦に出場。今季2勝目に向けて最終調整を行った。

8頭身美女ゴルファーの写真も大量アップ!女子プロ写真館更新中
 海外女子メジャー初戦『ANAインスピレーション』に出場するため、国内ツアーは3月25日開幕の『アクサレディス』から3試合欠場していたボミ。5年ぶりの海外メジャーは初日こそ「メジャーだからとても難しいコンディション」と過剰に意識して出遅れたが、2日目以降は「日本にも難しいコースはある。それらをイメージして自信を持ってできた」と10位タイフィニッシュ。日本ツアー女王が米国でも通用することを証明した。

 それでも、同大会で2位タイに入ったチョン・インジ(韓国)らの活躍もあり、オリンピック代表レースの8番手は変わらなかった。目標とするオリンピック出場には韓国勢で上位4人に入らなければならないが、「やっぱりオリンピックに行きたい。日本のファンの方もリオで私を観たいと言ってくれていますし、まだ分からないと思って7月まで頑張りたい」。大逆転での悲願に向け闘志は衰えていない。

 ここ熊本空港カントリークラブは前身の『西陣レディスクラシック』のころからベスト5を外していない好相性の舞台。今後は『アース・モンダミンカップ(6月23日開幕)』まで日本ツアーに専念する予定となっているだけに、久々の主戦場で大逆転への弾みをつけたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>