<東建ホームメイトカップ 事前情報◇13日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード ・パー71)>

 昨年の12月で30歳になったことをきっかけに、ヘアスタイルを変更し、ウエアも3タックなどの“昭和”なスタイルから細身のすっきりしたものにした池田勇太。そしてクラブの契約はフリーとなり、まさに心機一転、今季に臨む。

池田勇太、今年の“戦闘服”は?
 トレーニングや体調面は「悪くない」と話した池田だったが、「準備が間に合わなかった」のが使用するギア選び。「本来なら早く準備しないといけないことなんでしょうが、時間が足りませんでした」と苦笑していた。

 繊細な感覚の持ち主で、クラブ選びにもとことんこだわることで知られる池田。自分が完璧だと思うセッティングには「ほど遠い」のが現状だという。しかし、「とりあえずこれから試合で使っていって様子を見ていく」と焦りはない。運命の14本をこれから戦いの中で探していく。

 3年に亘り務めてきた選手会長を退任して迎える今シーズン。「気が楽といえば楽」と昨年よりもリラックスして乗り込むことができた。「賞金王を目指していくし、気持ちは一緒ですね」と戴冠に向けて闘志を燃やしていた池田。重責から開放され、今年こそ頂点へ。男・池田勇太30歳、区切りの年齢で悲願達成なるか。まず納得のいくセッティングにめぐり合うことがカギとなりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>