<マスターズ 最終日◇10日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 ダニー・ウィレット(イングランド)の逆転優勝で幕を閉じた2016年の『マスターズ』。大会記録、日本人新記録など今年も様々な記録が生まれた。また、達成されなかった大記録も合わせて記載していく。

【関連】松山英樹の優勝争いをフォトギャラリーでプレーバック!
■1日3度のホールインワンは史上初!
 2016年マスターズ最終日にショーン・ローリー(アイルランド)、ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)、デービス・ラブIII(アメリカ)の3人がホールインワンを達成、いずれも16番 でのものだった。2004年に3人がホールインワンを達成(クリス・ディマルコ、初日6番、パドレイグ・ハリントンとカーク・トリプレットは最終日16番) しているが、同日に3人は史上初。

 なお、オーガスタの4つのパー3で、もっともホールインワンが出ているのはやはり16番。今大会を入れると18回記録されている。逆にもっとも少ないのは4番で、1992年初日にジェフ・スルーマンが達成したのみとなっている。

■イングランド勢の優勝は1996年のニック・ファルド以来
 ダニー・ウィレットの優勝で幕を閉じた今年のマスターズだが、イングランド勢のVは1996年のニック・ファルド以来、20年ぶり。また、イングランド勢の通算優勝は4回(1989年、1990年、1996年 のニック・ファルド、2016年のダニー・ウィレット)となった。ちなみに欧州勢の優勝は1999年のホセ・マリア・オラサバル(スペイン)以来。

 なお、米国とその他の国で見ると、米国が59勝、対してその他の国は21勝。ただし、この20年で見ると米国12勝対その他の国8勝と均衡状態にある。

■完全優勝での連覇となれば史上初の大記録だったが…
 初日から首位を守り最終日を迎えたジョーダン・スピース(米国)。12番で2度の池に入れるなど苦しみ2位タイで終えたが、もし優勝した場合、史上4人目の連覇達成、さらに完全優勝での連覇となれば史上初の大記録だった。

 また過去に初日からトップを走って優勝した例(タイを含む)は、昨年のスピースを含む11回。 アーノルド・パーマーは1960年、1964年 に達成しており、スピースが優勝すれば2度目となり偉大な選手に並んだわけだ。さらに、タイを除いた完全トップを走っての優勝は、1941年 のクレイグ・ウッド、1960年のアーノルド・パーマー、1972年 のジャック・二クラス、1976年のレイモンド・フロイド、そして2015年 のジョーダン・スピースのみだった。

■日本人新記録となる8試合連続でメジャーの予選通過
松山英樹は、2014年の全米オープン以来、8試合連続でメジャーの予選通過を達成。青木功(7試合)を抜いて日本人選手の新記録となった。

■松山英樹が9ラウンドぶりのオーバーパー
全出場選手中、3日間オーバーパーなしできた松山英樹。しかし、最終日は4バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの“73”と、土壇場でオーバーパーを喫してしまった。それでもマスターズにおいてオーバーパーをたたいたのは、2014年初日の80以来。実に8ラウンドに亘ってスコアをまとめてきたことになる。オーガスタと松山の相性は悪くないだけに、近い将来、必ずやマスターズを制するときがくるはずだ。

・2011年 初日72、2日目73、3日 目68、最終日74(27位タイ、ローアマ)
・2012年 初日71、2日目74、3日 目72、最終日80(54位タイ)
・2013年 ----
・2014年 初日80、2日目71(予選落ち)
・2015年 初日71、2日目70、3日 目70、最終日66(5位)
・2016年 初日71、2日目72、3日 目72、最終日73(7位タイ)

<ゴルフ情報ALBA.Net>