<マスターズ 3日目◇9日◇オーガスタナショナル・ゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 海外メジャー「マスターズ」は3日目の競技が終了。今年は昨年とは異なり我慢比べとなり、アンダーパーの選手はわずかに4人。首位から出たジョーダン・スピース(米国)はスコアを1つ落としたが、トータル3アンダーで首位をキープ。史上4人目となる大会連覇に王手をかけた。

ここまでのマスターズを特選フォトで振り返る
 1打差の2位には新鋭、スマイリー・カウフマン(米国)、2打差の3位タイには松山英樹と驚異の58歳、歴代覇者のベルハルト・ランガー(ドイツ)がつけた。

 松山はこの日もイーブンパーにスコアをまとめ、トータル1アンダーでフィニッシュ。明日はランガーと最終組の1つ前の組でラウンド。日本人初のメジャータイトル、グリーンジャケットへ。日本のゴルフファンの熱い期待を背負って最終日に望む。

 キャリアグランドスラムを狙うローリー・マキロイ(北アイルランド)は“77”と大失速。スコアを5つ落としトータル2オーバー11位タイまで順位を落とした。世界ランクNo.1のジェイソン・デイ(オーストラリア)はイーブンパー5位タイに浮上。逆転優勝が狙える位置まで順位を上げてきた。

【3日目の結果】
1位:ジョーダン・スピース(-3)
2位:スマイリー・カウフマン(-2)
3位T:松山英樹(-1)
3位T:ベルハルト・ランガー(-1)
5位T:ジェイソン・デイ(E)
5位T:ダスティン・ジョンソン(E)
5位T:ダニー・ウォレット(E)
8位T:リー・ウェストウッド(+1)他2名
11位T:ローリー・マキロイ(+2)他1名

<ゴルフ情報ALBA.Net>