<マスターズ 2日目◇8日◇オーガスタナショナル・ゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 ジョージア州にあるオーガスタナショナルGCで開催中の海外男子メジャー「マスターズ」の2日目。昨日よりも風が強く舞い、多くの選手がスコアメイクに苦しむ中、松山英樹が優勝戦線に浮上した。

夢の舞台・マスターズの特選フォトギャラリー
 松山は序盤3つのボギーが先行するが、7番から連続バーディを奪取。スコアを1つ落として折り返す。後半も難関11番でボギーが先行するが、続く12番パー3は約6メートルのバーディパットがカップを1周回ってからイン。本人もビックリのこのバーディが流れを呼び込み、13番パー5、14番と3連続バーディを奪取。最終18番では残念ながらボギーとし、この日はイーブンパー“72”でフィニッシュ。スコアは伸ばせなかったが、トータル1アンダーで初日の13位タイから5位に順位を上げてホールアウトした。

 首位はトータル4アンダーでフィニッシュしたジョーダン・スピース(米国)。松山は首位と3打差、日本人男子初のメジャータイトルを視界に捉え、決勝ラウンドに駒を進めた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>