<スタジオアリス女子オープン 事前情報◇7日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(6,293ヤード ・パー72)>

 4月8日(金)に開幕する『スタジオアリス女子オープン』にホステスプロとして挑む堀奈津佳と堀琴音。姉妹揃ってのフォトセッションに臨み、琴音は今大会への意気込みを「ずば抜けて、一番あります!」と言い、活躍を誓った。

今季好調の堀琴音の特選PHOTOは写真館で!
 姉妹で始動を受ける中島敏雅プロのアカデミー“ゴルフアカデミー中島”が花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース内にあるため「コースは知っているからリラックスして回れるかなと思います」とホームコースでのプレーを楽しみにしている琴音。

 初シードとなる今シーズンは『アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI』で3位タイに入るなど結果を残しており「トップ3にも入っているし予選落ちも1度だけ。もう少し上に行きたい気持ちもあります。(この大会で結果を残せたら)最高ですね」と調子の良さを感じている。

 完璧とは言えないというパッティングも「去年よりは良くなっている。入れたいタイミングで外して流れに乗れずに今ひとつ伸ばせないところは直したいですが、今年は“流れはココかな?”という勘が良くなった。去年ツアーで経験して学んだことです」と成長を実感しながら戦うことができている。

 一方、昨年シード陥落となり、今大会が今季2戦目となる奈津佳は「(ホステスプロとしての目標は)優勝と言いたいですし、勝ちたい気持ちは調子が悪くてもありますが、今の自分の調子では厳しいものがあります。やり切って成績に繋がれば嬉しい」と試合勘や現状の調子を見据えて戦っていく。

 妹の試合結果は気にならないというが『アクサレディス』の最終日を観戦した際に「妹の優勝争いを見たら嬉しくなり、頑張りたいと思えました」と刺激はもらっている様子。ホステスプロとしての舞台で結果を出し、復活への糸口を掴みたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>