<マスターズ 事前情報◇5日◇オーガスタナショナル・ゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 タイガー・ウッズ(米国)が2001年、02年で達成して以来の「マスターズ」連覇へ挑むジョーダン・スピース(米国)が火曜日の公式会見に登場。史上4人目の偉業達成に自信をのぞかせた。

【関連写真】グリーンジャケットに袖を通したジョーダン・スピース
 前週の「シェルヒューストンオープン」に出場後、月曜日からオーガスタでの練習をスタートさせたスピースは、「ここに戻って来られてうれしい。この2日間はとても良い練習ができたし、昨年の火曜日よりも今日のほうがずっと良いフィーリングだ」と好調をアピールした。

 大会連覇へ向けては「もちろん期待はとても大きい。でも去年もすごく期待を持っていた。ストレスもあるけれどメジャー2勝という自信があるのは役立つと思う」と22歳らしからぬ冷静さで自身を分析。2016年の初戦「ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」で優勝以降は波に乗れない戦いが続いているがオーガスタへの思いはまた格別だ。

 「この1年でグリーンジャケットの思い出は、勝った翌日にニューヨークに行ってメディアツアーをしたこと。そしてジャケットを持って自宅に戻って家族や多くの友人に囲まれたことかな。ジャケットはずっとクロゼットにあって、ときどき遠征にも持って行った。とても楽しかったし、できれば返したくない(笑)」。

 予選ラウンドはポール・ケーシー(イングランド)、全米アマ覇者で今大会後にプロ転向するブライソン・デシャンボーと同組となった。


<ゴルフ情報ALBA.Net>