<マスターズ 事前情報◇5日◇オーガスタナショナル・ゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 世界ランク1位でオーガスタへ。その思いを「WGC-デル・マッチプレー選手権」で実現したジェイソン・デイ(オーストラリア)は、初のグリーンジャケット獲得へ開幕を心待ちにしている。

【関連写真】練習場で入念にパッティング練習を行う松山英樹
 デイはアダム・スコット(オーストラリア)との練習ラウンド後、火曜日の公式会見に出席。「このインタビュールームに戻って来られてうれしい。去年までよりもたくさんの人が集まってくれているし(笑)。そして、世界ランキング1位としてここに来られたことがすばらしい」とリラックスした表情で語った。

 前週の「シェルヒューストンオープン」はスキップして、金曜日に早々に会場入り。この日までINとOUTを交互にラウンドして状態を入念に確かめてきた。コースについては「今年はもう(グリーンの)スピードが出ているから、とてもタフなマスターズになると思う。例年なら12、13アンダーが優勝スコアだけど、今年は10から12アンダーになるかもしれない」。今年は例年に比べラフも伸びていることから、昨年のような伸ばし合いにはならないと予想した。

 直近の出場試合2連勝と調子の良さは言うまでもない。だが、「正直、僕が優勝候補だとは思わない」という。「今週ここで良いプレーをして勝てる選手はたくさんいる。ジョーダン(スピース)、ローリー(マキロイ)、ヘンリック(ステンソン)はこのところ良いプレーをしている、フィル(ミケルソン)だって優勝候補」。過去5年のチャンピオンが今季すでに1勝以上を挙げている事実もあり、デイもそれを認識済み。それだけ今年のマスターズは有力選手たちの好調ぶりが際立っていると言える。

 その中でタイガー・ウッズ(米国)の腰痛による欠場は、やはりいつもと少し違うオーガスタの雰囲気を作り出している。それでも、「タイガーがずば抜けて強かった時代はゴルフファンとしては面白かったけれど、今のように僕やジョーダン、ローリー、リッキー、ヒデキ・マツヤマ、ジャスティン・トーマス、たくさんの若い選手が活躍できるのが素晴らしいこと」と群雄割拠の時代に突入した今のツアーを歓迎する。

 事実新BIG3を中心とした有力選手たちの争いは、ウッズ不在を補って余りある勢いをツアーに生んでいる。だが、デイは最後に付け足すことを忘れなかった。「タイガーいたから僕たちが今ゴルフをしていると思う」。この日設定された11回の記者会見のうちで何度“Tiger”のワードが出たことだろう。王者は不在でもなお存在感は薄れていない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>