<ANAインスピレーション 最終日◇3日◇ミッションヒルズ・カントリークラブ(6,763ヤード・パー72)>

 リディア・コ(ニュージーランド)はパームスプリングスにあるしゃぶしゃぶ店に大会中2度ほど顔を出したという。和牛のしゃぶしゃぶに舌鼓を打ち、デザートまでペロリとたいらげる姿は18歳の少女そのもの。だが、ひとたびコースに出れば圧巻のパフォーマンスを発揮する最強ゴルファーとなる。

宮里藍、最終日まで優勝争いに絡むも…
 カリフォルニア州にあるミッションヒルズCCで開催された、米国女子メジャー「ANAインスピレーション」最終日。首位と1打差の2位タイからスタートしたコは3バーディ・ノーボギーの“69”でトータル12アンダーまでスコアを伸ばし、逆転でメジャー2勝目を挙げた。

 中盤までゲームをリードしたのはタイのアリヤ・ジュタヌガーンだった。11番までに5つのバーディを奪う猛攻で首位に浮上。だが、18歳にしてすでに11勝を挙げているコは慌てない。「17番まで後ろ組がどんなプレーをしているかは見ないでやっていた。アリヤが伸ばしているのが分かったから、17番はパーセーブして18番はバーディを獲れば勝つチャンスがあるかもしれないと思った」。冷静にゲームプラン通りに先にホールアウト。プレッシャーを受けたジュタヌガーンは上がり3連続ボギーとして、メジャー制覇を逃した。

 米ツアー本格参戦わずか3年で12勝(アマ時代含む)。そして、2015年の「エビアン選手権」に続くメジャー2勝目。家族、キャディと共に恒例の池へのダイブを決めたコは、今治タオル製のバスローブをまとって「本当にうれしい。どの勝利もうれしかったけれど、この池に飛び込めるのは最高の気分。自分の人生のハイライトになる。このコースはこれまで良いプレーができなかったので今後の大きな自信になった」。語る姿も堂々と、メディアへの受け答えも慣れたもの。18歳ながらベテランの風格だ。

 それでも、ふとした瞬間にプロゴルファーから普通の18歳の少女に戻るのもコの魅力。メディアセンターで行われた優勝会見も終わり、トロフィーとの撮影準備にかかる一瞬の間に、「なんだかいい匂いがする!」とキョロキョロ。メディア向けに配られた夜食のホットドッグに夢中でしたとさ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>