<ヤマハレディースオープン葛城 最終日◇3日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,568ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー『ヤマハレディースオープン葛城』の最終日。李知姫が7バーディを奪う猛チャージで逆転でツアー20勝目を果たした。

最終日の模様をライブフォトで振り返る!
 2位にはトータル6アンダーの申ジエ(韓国)。3位タイに首位から出たユン・チェヨンと昨年覇者・渡邉彩香が入った。


以下、主要選手のコメントを掲載

・李知姫(トータル9アンダー優勝)
「今日は途中競っていたので最後まで良いプレーをしないと勝てないと思っていました。バーディフィニッシュで優勝できたのでうれしいです。14番でバーディを獲ったのが大きかったですね」

・申ジエ(トータル6アンダー単独2位)
「ショットもパットも満足行く状態でチャンスはたくさんあったのですが、最後のパットが入ってくれなかったです。もったいなかったです。知姫プロが素晴らしいプレーをされたので、素直におめでとうございますと言いたいです」

・ユン・チェヨン(トータル5アンダー3位タイ)
「今日はチャンスもいくつかありましたが、ボギーが多かった。ミスが目立ちました。個人的には楽しんでプレーできたのですが、スコアに反映できなかったですね。ギャラリーの方の声援がすごくて楽しくできました。また日本でプレーする機会があればぜひお願いしたいです」

・渡邉彩香(トータル5アンダー3位タイ)
「ショットの調子も良く、攻められていたのでもうちょっと何とかならなかったのかという感じです。今は悔しさしか残っていません」

・木戸愛(トータル1アンダー5位タイ)
「イーグル(※残り65ヤードを58度で手前に落ち2バウンドしてから転がって直接カップイン)の後も落ち着いてプレーできました。最後まで粘れました。今週はショットが良く、それにつられてパターもアプローチも良くなってリズム良くできました。あとは優勝となってくるとチャンスをしっかり決めることが重要になってくると思いますが、このまま頑張れば必ず良い日がくるのではと思っています」

・永峰咲希(トータル1アンダー5位タイ)
「今日は途中からプライベートラウンドのような気持ちでプレーして、スコアボードも見なかったです。おかげで目の前の1打に集中してプレーできました。」

・柏原明日架(トータル1アンダー5位タイ)
「正直今日のショットならもっと伸ばせたかなという感じです。4日間苦しかった。コースが難しくて、1打1打ちゃんとやらないといけない。そんな中で1日ずつ順位を上げられたのは収穫です。自信につながります」

<ゴルフ情報ALBA.Net>