<ヤマハレディースオープン葛城 最終日◇3日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,568ヤード ・パー72)>

 これまでの3日間とは異なり伸ばしあいとなった『ヤマハレディースオープン葛城』最終日。18番グリーンでカップを掲げたのは2打差の2位からスタートした李知姫(韓国)だった。

大会最終日をライブフォトで振り返る!
 ベテランならではの読みが光った。ラウンド前にスコアボードを見て、他の選手のスコアを確認し、「きっとグリーンは速くない。今日はバーディ合戦になるな」と睨んだ。狙い通り2番で6m、4番で12mと変化を見せた芝をしっかりと読みきりバーディを奪取。さらに6番では先に首位を走るユン・チェヨン(韓国)が超ロングパットを入れるが、自身も10mを入れかえし「パターの調子が良い。チャンスはある」とプレッシャーをかけつづけた。

 チェヨンが8番でボギーを叩き、並んで迎えた10番では残り138ヤードのセカンドショットを9番アイアンでピタリとつけてバーディ。頭1つ抜け出すと、再び並ばれて迎えた14番、15番を連続バーディとして最上位へ。2年ぶりに日本ツアーに参戦している母国の後輩を振り切ると、最後は2mを沈めてバーディでフィニッシュ。節目となる日本ツアー20勝目の戦いを最高の形で締めくくった。

 2000年から日本ツアーに参戦した知姫は今年で37歳。同組で回ったチェヨンが「知姫さんのように息の長い選手になりたい」と憧れられるほどのベテランの域に入った。その秘訣を聞いてみると“無理をしていないから”という。

 「元々私は頑張りすぎるタイプじゃない。トレーニングもそんなにしないし、結構休むタイプ」。だからこそ、参戦初年度以外すべての年で賞金ランク50位以内とコンスタントに成績を残せている。だが、悪い面もあるようだ。「無理しない分、長くはできるんですけどね。バーンと上に上がることはできない原因でもあると思います」。

 そんな知姫はオフの休みを利用してソウルにある自宅近くの卓球教室に通った。ゴルファーという素性を隠して入会したところ、「すごく運動神経が悪いねと言われてしまいました(笑)」。まったく動けず当たらず仕舞いで、ボールを打たせてもらえず素振りからやらされた。プロスポーツ選手相手とは思えない対応に思わず苦笑いを浮かべ、「もうちょっとトレーニングをしないといけないですね」。そのくらい、ゴルフ以外のスポーツをしたり、トレーニングなどの運動をしないほうだという。

 だが、今日の勝利で目標としていた韓国ツアーの永久シードを獲得。当初は日本ツアーの永久シード獲得を目指していたが「難しくて…17勝してちょっと止まったときに厳しいな、と」。ここでも“無理をせず”目標を下方修正。きっちりとその目標を達成した。今季の目標は賞金女王の座。これからも自分のペースで勝ち星を積み重ね、11年に惜しくも逃した栄冠を目指していく。

※韓国ツアーの永久シード条件
韓国ツアーで20勝、もしくは日、米、欧州の3ツアーで通算20勝を挙げた選手に付与される。李知姫は具玉姫、朴セリ、申ジエ、全美貞、アン・ソンジュに続く6人目

<ゴルフ情報ALBA.Net>