<ヤマハレディースオープン葛城 3日目◇2日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,568ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー『ヤマハレディースオープン葛城』の3日目。この日、10位からスタートした鈴木愛が1イーグル・4バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“71”でラウンド。4位タイに浮上した。

鈴木愛の特選PHOTOは写真館でチェック!
 開口一番「疲れましたぁ」と語るように出入りの激しいラウンドとなった。1番でバーディを先行させ4番で2つ目を奪うも、8番で2打目が目玉に入りダボ。貯金を吐き出してハーフターンとなった。

 バックナインでは13、14番で連続ボギー叩き苦しい展開に。それでも15番パー5できっちりバーディを奪うと、16番ではセカンドを直接決めてイーグルを奪取。さらに17番では6mと決めて3連続でスコアを伸ばした。最終18番はボギーとしたが、終わってみれば1アンダー。優勝圏内に踏みとどまった。

 「パットもショットも悪くない。後はかみ合わせだと思う」と鈴木。初日に不運からトリプルを叩く場面もあったが首位と4打差。持ち前の爆発力を発揮できれば十分に逆転可能。「久しぶりにチャンスが来た。3、4アンダーを出して優勝できるように頑張りたい」。今週は質を重視する練習に切り替えて体力を温存してきた。明日はそのあまった体力をフルに発揮して、ツアー2勝目といきたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>