タイガー・ウッズ(米国)が現地時間の1日(金)に自身の公式サイトで今季のメジャー初戦「マスターズ」を欠場することを表明した。

米国男子ツアーのフォトギャラリー
 「今の時点での背中の状態を考え、医療チームとも相談した結果、今年のマスターズを欠場することを決めた」というウッズ。また、トレーニングや練習はできているが、今の段階では「まだツアーに復帰する明確な予定を立てられない」と復帰時期は不透明となっている。

 ウッズがマスターズを欠場するのは14年以来2年ぶりのこと。最後にツアー競技に出たのは昨年8月の「ウィンダム選手権」でその後、背中の手術など療養が長期化している。ウッズがいない“ゴルフの祭典”はまた少し寂しいものになりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>