カリフォルニア州にあるミッションヒルズカントリークラブで開催される、米国女子メジャー「ANAインスピレーション」開幕を前に“女子サッカー”夢の対決が実現した。元なでしこジャパン海堀あゆみさん、小林弥生さんと、元米国サッカー代表アビー・ワンバックさん、ジュリー・ファウディさんが参加したフットゴルフのエキシビションマッチが行われた。

フットゴルフの模様はフォトギャラリーで!
 この日のエキシビジョンは、トーナメントで使用しないミッションヒルズCCパーマーコースで行われ、元サッカー代表のゲスト4人に加えて米国チームにポーラ・クリーマー、ジェシカ・コルダ、日本チームには大山志保と上原彩子が参戦。クラブミュージックが大音量で鳴り響く普段とは違う雰囲気の中で行われた日米対戦は、6ホールのマッチプレーで行われ4ホールを奪った日本チームが勝利をおさめた。

 フットゴルフとはサッカーボールを蹴ってゴルフコースをラウンドする2009年にオランダでルール化された新競技。2012年にはハンガリー、そして2016年1月にはアルゼンチンでワールドカップも行われるなど注目を集めている。ちなみに、現在の日本代表には元浦和レッズの堀之内聖らが選出されている。

 意外な?活躍を見せたのが上原。小学校時代サッカーチームに所属していたという経歴で、スタート前には華麗なリフティングを披露。「昔は100回くらいできました。自信はちょっとだけありました(笑)」とUSAコールの完全アウェーの中、グリーン周りでボールを上げて止める技を披露するなどギャラリーを沸かせ、MVP級の活躍を見せた。

 このイベントのために渡米した海堀さんは「(ワンバックと会うのも)ワールドカップ以来ですかね?こんな機会を作ってもらえてうれしい」とライバルとの再会を喜びながら6ホールすべてでゴールキーパーらしいロングドライブを披露。フットゴルフについては「やってみると深いと感じた。飛ばせばいいというわけでもなくて、方向性と距離感が大事ですね。ボールと狙う穴があればできるし、ぜひ一度やってみてほしい」とPRしていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>