<メルセデス・ランキング>

 国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。昨年より1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手に、翌シーズンからの3年シードを付与される。

【関連】スマイルクイーンが見せた“神ピッチ”!7年前の始球式フォト
 4戦目『アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI』を終えての最新ランキングが発表され、同大会で日本2勝目を飾ったスマイルクイーンことキム・ハヌル(韓国)が首位に浮上。優勝したことに加えて4試合連続でベスト10フィニッシュという安定感が数字につながっている。

 2位は同大会を欠場したイ・ボミ(韓国)、3位には開幕戦覇者テレサ・ルー(台湾)と賞金ランク同様海外勢がベスト3を占めた。

 日本人最上位は5位の菊地絵理香。4試合全てで予選落ちなし、内3試合でベスト10入りと常に上位をキープしているのが反映されている。

 獲得賞金とはまた違った強さが求められるこのランキング。LPGAメルセデス最優秀選手賞に輝くのはどの選手か。

【メルセデス・ランキング】
1位:キム・ハヌル(97.0pt)
2位:イ・ボミ(82.5pt)
3位:テレサ・ルー(79.0pt)
4位:申ジエ(70.0pt)
5位:菊地絵理香(60.5pt)
6位:笠りつ子(60.0pt)
7位:吉田弓美子(59.0pt)
8位:大江香織(52.5pt)
9位:柏原明日架(51.0pt)
10位:渡邉彩香(51.0pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>