<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 最終日◇27日◇UMKカントリークラブ(6,482ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」の最終日。首位と1打差の2位タイから逆転優勝を狙った吉田弓美子は3つスコアを落としてしまい、トータル2アンダー3位タイでフィニッシュした。

吉田弓美子の特選PHOTOをチェック!
 今年からアンカーリングが規制され、長尺パターを使用していた吉田もその影響を受けた。昨年、短いパターでも勝ってはいるが、「今年はパターのことがあって火曜日からきっちり練習をしています」と昨年よりもコース入りを1日早めたという。その疲労のせいか「朝起きた時から体が重くて疲れている感じで振り切れませんでした。体調管理というかペース配分も考えないといけませんね」。練習と休養のバランスを再確認する必要があることに気づかされたという。

 思うようにプレーできずスコアは崩したが、「蓋を開けてみればみんな同じくらい打っていた。自分が普通にやっていれば、もっと上にいけた。今年はいつもと違う、と思いました」と手ごたえを得ることができた。

 これで3週連続のトップ10フィニッシュ。例年、苦しんでいた花粉症の対策に導入したワセリンが思った以上の効果を発揮し、これまでとは違うシーズン序盤となっている。今季は「4にこだわる」のが目標だという吉田。パー5で4(バーディ)、賞金ランク最高位が5位なので4位、年間複数回優勝の最多3なので4。3つの4でトリプルフォーです!」と笑顔で話した。

 結果には悔いがのこるが、大きな確信を得た一週間となった吉田。マスク姿から解放されたショットメーカーが今季は大暴れしてくれそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>