<WGC-デル・マッチプレー選手権 4日目◇26日◇オースティンCC>

 オースティンCCを舞台に開催されている『WGC-デル・マッチプレー選手権』。4日目となった26日(土)、決勝トーナメントの1回戦、2回戦が行われベスト4が決定した。

【関連】マッチプレーの激闘をフォトギャラリーで
 準決勝に駒を進めたのはジェイソン・デイ(オーストラリア)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ラファエル・カブレラベロ(スペイン)、ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)の4人。デイはブルックス・ケプカ(米国)を3&2で、マキロイはクリス・カーク(米国)を4&3に下しセミファイナル進出。新BIG3の2人が決勝を懸けてぶつかり合う。

 もう片方のブロックでは決勝トーナメント1回戦でウーストハウゼンが世界ランク1位のジョーダン・スピース(米国)を撃破。勢いそのままに8位のダスティン・ジョンソン(米国)も2&1で破り準決勝進出を決めた。

 また、グループステージで松山英樹を下した世界ランク54位のカブレラベロはこの日もアン・ビョン・フン(韓国)、ライアン・ムーア(米国)と格上の選手を連続で撃破しベスト4に。“大物食い”の2人が明日相見える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>