<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2日目◇26日◇UMKカントリークラブ(6,482ヤード ・パー72)>

 初日に首位と2打差の4位タイと好スタートを切った吉田弓美子。今季から実施している花粉症対策、“鼻腔に綿棒でワセリンを塗布する”という対処法でプレー中にマスクをする煩わしさから開放され、直近2試合でトップ10フィニッシュとこれまで苦労していた春先から好成績を残している。

吉田弓美子、1打差2位で最終日へ!2日目の模様はライブフォトで
 この日もその勢いは衰えずスコアを2つ伸ばしトータル5アンダーでフィニッシュ。首位と1打差の2位タイと十分に逆転を狙える位置で最終日を迎える。

 初日のラウンド終了後、“ワセリンの効果”を話した時にベテランの新聞記者から“練習日に目の下にもワセリンを塗ってみたら”という提案をされていたが、なんとそれを「今日試してみました」と試合中にもかかわらずトライしてみたという。

 結果は「目が痛くて目薬をささないといけなくなりました(笑)」と塗る量が多すぎたのか失敗に。上位争いの最中でも花粉症に効く可能性があるならば試さずにいられない吉田、これまでの苦労はそうとうなものだったのだろう。

 春先からの優勝争いに「自分自身が驚いています」と笑顔を見せた。先週はワセリンのことをインターネットで見つけ教えてくれた大江香織が優勝。「予選2日間も一緒でよいゴルフを見せてもらった。私も頑張らないと」。友から受けた刺激も吉田のゴルフに良い影響を与えている。ツアー通算6勝目へ、最後まで思い切ってプレーするのみだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>