<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2日目◇26日◇UMKカントリークラブ(6,482ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」の2日目。初日首位タイに立ち1988年のツアー制度施行後初となる3戦連続首位発進を決めたキム・ハヌル(韓国)。この日もスコアを1つ伸ばしトータル6アンダーとし、単独首位に。3週連続で首位で最終日を迎えることとなった。

実は野球が大好き!始球式はノーバンでした!
 初日に今週は攻めるよりも、“チャンス待つ”作戦でいくと話していたハヌル。「日本のコースはバーディを狙うよりもボギーを少なくしたほうが良い」というのがその理由。しかし、この日は3つのボギーを叩き、「明日はミスを少なくしないと」と反省した。

 理想のプレーはできなかったが、後続の選手たちも難しいピンポジションなどに苦しめられ伸び悩んだため首位の座を堅守。今季は風に対して強いボールが打てるようになり、「ボールがあっちにいったりこっちにいったりがなくなった」とショットが安定したのが好調の要因。だが、先週は最終日にショットが不安定になりスコアを落としてしまい栄冠を逃した。

 「いつも残念な結果だったので、今週は頑張ります」と明日への思いを話したハヌル。ずばり、明日の勝負のカギは「ショットです」。この2日間のようなプレーを続けることができれば“3度目の正直”で栄冠をつかむことができるだろう。
 
<ゴルフ情報ALBA.Net>