<WGC-デル・マッチプレー選手権 2日目◇24日◇オースティンCC>

 2日目を迎えた『WGC-デル・マッチプレー選手権』。日本人選手唯一の出場となる松山英樹はデンマークのソレン・ケルドセンと対戦し、4&2で勝利した。

【関連】切れ味鋭い松山英樹のアイアンショット連続写真
 ケルドセンが1番でボギーを叩き、早々に1アップとした松山。さらに4番パーで1.2mにつけるティショットを見せたのを皮切りに4ホール連取。9番でスコアを落としたが4アップで折り返す。

 後半、10番でボギー、11番で池ポチャと2アップまで迫られたが、12番、13番を連取して再び4アップに戻し、16番ホールでケルドセンがバーディパットを外して勝負あり。終始リードする展開で今大会初勝利を挙げた。

 これで松山は1勝1敗。決勝進出のためには明日、世界ランク22位のケビン・キスナー(米国)に勝利することが絶対条件。その上で昨日敗れたスペインのラファエル・カブレラベロがケルドセンに敗れ、そのカブレラベロとのプレーオフに勝利すると16名の精鋭が集まるトーナメントに進むことができる。

 今大会は出場64選手を4人1組に振り分けて行われる総当たりの予選ラウンド初戦が行われ各組上位1名が決勝トーナメントに出場する形式。同点の場合はプレーオフが行われる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>