<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 事前情報◇24日◇UMKカントリークラブ(6,482ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー第4戦「アクサレディス」が宮崎県のUMKカントリークラブを舞台に明日25日(金)より開幕。大山志保をはじめとした、宮崎県勢はみなこの大会での優勝を狙っている。

大山志保の特選PHOTOは写真館で!
 大山は同じく宮崎で開催されている「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は2度制しているが、この大会はまだ未勝利。「この大会は優勝したい大会No.1」で、今回もかなり気合が入っている。

 しかし、昨季の後半戦からパッティングが不振。今季も開幕戦からショットはいいが、「2〜3メートルでも3パットしてしまう」という状態。先週の大会では2日目に猛チャージを見せたが「5〜6メートルは決まったけど、短いのはそんなに決まらなかった」という。そして最終日はスコアを落とし15位タイに終った。

 それでも最終組でプレーし「気持ちのコントロールと、大勢のギャラリーの前で“幸せだな”と思いながらできた」と気持ちが折れることはなかったという。今週もボール位置を変えたりと試行錯誤を繰り返しているが、「まだいい時の感覚をまだ掴むことができない」とまだ本来のパッティングは戻っていない。

 来週は海外メジャー「ANAインスピレーション」に出場予定。目標とするリオ五輪出場を実現するには、ポイントを稼げる米国で結果を出すことが何より。この地元大会で弾みをつけたいが、そのためにもパットのフィーリングは1日でも早く取りもどしたいたいだろう。

 優勝を願う大勢のファンの後押しと、持ち前のガッツで今の状況を打破できるか。パッティングの感覚はいつ戻るか分からない。その日が明日である可能性もゼロではない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>