<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 事前情報◇24日◇UMKカントリークラブ(6,482ヤード ・パー72)>

 先週の「Tポイントレディス」で4年ぶりの優勝を挙げた大江香織。久しぶりの優勝の反響は大きく、「数え切れないぐらい」のお祝いのメールをもらったという。

ウイニングパットを決めガッツポーズ、4年ぶりの勝利!
 シーズン序盤の勝利で大江は今季の目標を修正。当初は国内女子ツアー最終戦の「リコーカップに出ること」を目標にしていたが、優勝したことで出場権を早々に獲得。そこで、「全英リコー女子オープンに出れるチャンスなのでそこを目指したい」。2012年にも出場したが、「その時はイギリスでのゴルフについてほとんど何も知らずに」試合へ臨み、案の定予選落ちに。今度は「しっかりと準備して」、海外メジャーに出たいという。なお、全英に出るのは6月末の「アース・モンダミンカップ」終了時までに賞金ランキング上位5名にいることが条件となっている。

 優勝した際には親交のある石川遼から“おめでとう”とのお祝いのメッセージが。今週はその石川のエースキャディ・佐藤賢和氏とコンビを組む。メッセージの返信には「佐藤さんと組むよ」と書いたという。さらに、石川からは「“楽しんで”ってきました」。佐藤キャディとは今回が初タッグで「今週ダメだったら全部佐藤さんのせいにします」と笑っていた。

 そんな大江だが今週からドライバーのシャフトをフレックスSからRに変更した。「2週間前に使っていたものに戻しました。今週はフィーリングが合わなかったので」と優勝した時のギアにはこだわらず、自分の感性を信じて今週のコースに挑む。

 2週連続優勝は「絶対にムリです」と苦笑していたが、全英に行くにはここでも好成績を狙いたい。ツアー初優勝のときはその翌週、予選落ちを喫した。今回は流れを失わないためにも同じ轍は踏みたくないところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>