<ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯 事前情報◇23日◇恵庭CC>

 北海道にある恵庭CCを舞台に開催される日本で唯一のプロによるマッチプレー競技「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」。グローバルに活躍できる選手を輩出し、日本ゴルフ界の活性化を目指す同大会のアンバサダーに丸山茂樹が就任した。

【関連】国内男子プロの最新情報を写真でチェック!
 ネスレ日本株式会社の代表取締役兼CEO・高岡浩三氏は「PGAツアーで3勝を挙げていて世界で戦う厳しさを知っている方。加えてこれまで今大会の解説を務めていただいており、主旨も分かっていらっしゃいます。そういった方に本大会を応援していただきたかった」と理由を説明した。

 就任した丸山は「この大会の目指しているものに共感しました。プレジデンツカップに出場したことなど、これまでの経験をアドバイスできたら。力になれるように頑張りたいです」と意気込みを語った。

 アンバサダーとなったことで、これまでの解説だけでなく、出場選手選考や本大会の意義をPRするなどの役割を担っていく。「今後を期待できる選手や世界に目を向けている選手の背中を押したいです。また壁になってくれるベテランも入れてきちんと温度差を出せる人選としたい」とプランを描いている。

 「今大会がゴルフ界のグローバル化の柱となれるように頑張りたい。賞金(国内最高額となる優勝賞金1億円)とかもアピールして。解説も、ちょっと辛口でね(笑)」。2016年から日本プロゴルフ協会主管競技となる今大会を、様々な角度から支えていくことを誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>