<JTBCファウンダーズ・カップ 3日目◇19日◇ワイルドファイアGC at JWマリオット・フェニックス・デザート・リッジ・リゾート&スパ(6,538ヤード・パー72)>

 米国女子ツアー『JTBCファウンダーズ・カップ』の3日目。日本勢トップの17位タイで予選を通過した横峯さくらは、3日目4バーディ・1ボギーの“69”でラウンド。3つ伸ばしたが、上位陣も伸ばしたため順位を23位へ下げた。

 1番からスタートすると2番パー5で5mを沈めバーディが先行。5番パー5ではグリーン横のバンカーにつかまり、アプローチも3m残したが、決めて2つ目のバーディを奪った。その後バーディとボギーを1ずつ取り折り返す。後半も11番のパー5で伸ばした。「パー5は獲れたんですけど。楽な展開だったんですけど…」と昨日取れなかったパー5で3つ伸ばした。ただ、「もったいないパットもあったりして…」と好調だったパッティングが決まらず、何度かバーディチャンスを外すことがあった。

 3日目は「後半の後半になってショットがちょっと左に行ったかなというところもあった」とやや乱れる場面もあったが、我慢できている。「ビッグスコアを出すつもりプレーしたいと思うけど、今できることをしっかり自分のなかでやっていきたい」。上位に迫ることが出来なかった横峯だが、3日連続60台をマークしており調子は良い。最終日ではどこまでどこまで伸ばせるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>