<アーノルド・パーマー招待 初日◇17日◇ベイヒルクラブ&ロッジ(7,419ヤード・パー72)>

 フロリダ州にあるベイヒルクラブ&ロッジで開幕した、米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」。今大会2度目の出場となる松山英樹は5バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“70”で回り、2アンダーで初日を終えた。ホールアウト時点では首位と4打差につけている。

久々に短髪&サンバイザーで登場!若返った?松山英樹
 ジェイソン・デイ(オーストラリア)、ザック・ジョンソン(米国)という昨年のメジャー覇者2人と同組でスタートした松山は4番パー5でバーディが先行。直後の5番は3パットのボギーとするも再びパー5の6番でバーディを奪ってハーフターンした。後半は比較的距離の短いパー4の10番、13番とバーディを奪うと、16番パー5でもバーディを奪った。しかし、首位と2打差で迎えた最終18番でセカンドを池に落としてダブルボギーとし、スコアを落とした。

 現時点で同組のデイが6アンダーで単独首位。1打差の2位タイグループに出場試合3連勝を狙うアダム・スコット(オーストラリア)らがつける展開となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>