国内女子ツアー第2戦『PRGRレディス』で万全の体調ではないながらも、今季1勝目を手にしたイ・ボミ。首位と3打差で迎えた最終日は1打差リードされた状況で最終18番を迎えるも、斜面からの難しいライのセカンドショットをベタピンにつけ、バーディを奪取するとプレーオフでも粘り勝ち。昨季の賞金女王の力を見せつけた。

【関連】イ・ボミの優勝セッティング写真はこちら
 ボミの今季のセッティングは、昨季の磐石セッティングがベース。19度、22度、25度のユーティリティ3本をその日の調子やホールの距離によって、相棒の清水キャディと相談して入れ替えることでコースに対応する方針は変わらず。5番アイアンと48度のウェッジを入れ替えることもボミのセットの特徴だが、最終日は前日の5番アイアンの調子を鑑みて、48度の『TW-W』を組み込んでいた。

 開幕前にはボミ専用シャフト『イボミピンク』の投入も検討されていたが、いまだ2戦では実現せず。今後は新シャフトの導入が注目となるだろう。

【イ・ボミのクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:本間ゴルフ TW727 455ドライバー 10.5°
(シャフト:本間ゴルフ VIZARD YA55/R/45.5インチ)
3W:本間ゴルフ TW727 FW 15°
(シャフト:本間ゴルフ VIZARD YA55/R)
5W:本間ゴルフ TW727 FW 18°
(シャフト:本間ゴルフ VIZARD YA55/R)
UT:本間ゴルフ TW717 UT 19°
(シャフト:本間ゴルフ UT650)
UT:本間ゴルフ TW717 UT 22°
(シャフト:本間ゴルフ UT650)
6I〜10I:TW727 Vn アイアン
AW:TW-W 48°
AW:タイトリスト ボーケイSM6 51°
SW:タイトリスト ボーケイSM6 57°
パター:オデッセイ ホワイトライズiX #1SH
ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR

<ゴルフ情報ALBA.Net>