池田勇太が12日(土)に横浜にあるハンズゴルフクラブにてファンイベントを実施。トークショーやスーパーショット講演会で集まった150人のファンと触れ合った。

【関連写真】短髪姿だったころの池田勇太
 会が始まるとさっそく今年から変わった髪型の話題に。「30年間、短髪が楽でずっと変えないできた」と今まで角刈りで通してきたが、「ウエアを変えるなら髪型も変えないと」とイメチェンした理由を説明。小学校のころから通う床屋のマスターが「僕に似合う髪形を夜も眠れないくらい考えてくれて」流行りの2ブロックへと変貌を遂げた。

 髪型を変えるにあたり、今までの常用していたキャップから久々にサンバイザーに変更。「変えるんだったら一気に変えたかった。そうでないと印象を変えられないと思って。ですが、皆さんからすれば、これが普通のスタイルですよね(笑)」と会場の笑いを誘った。

 見た目だけでなくオフの過ごし方も変えた。今オフからトレーニングを積極的に行っている。「子供の頃からゴルフしかやったことがないゴルフバカで、バランスの悪い身体になってしまった。30歳になって、トレーニングが大事だとはじめて受け入れられた」。マシンなどを使用して全身鍛えているといい、「どのような成果が出てくるのか自分でもわからない。これがゴルフにどう結びついていくか」と今から胸を膨らませている。

 今後は福岡で実施する合宿から本格的に打ち込みを開始。国内初戦である『東建ホームメイトカップ』へとギアを上げていく。「“秋には強いよね!”とよく言われるので、そうやって言われないように、開幕から今年は強いな、違うなという準備をしていきたい」。目指すは最多勝で賞金王。春先からエンジン全開で戦っていくことをファンに誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>