<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 最終日◇13日◇土佐カントリークラブ(6,217ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー第2戦『ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ』最終日、首位と2打差のトータル7アンダー、単独2位から逆転での優勝を狙った渡邉彩香。最終組で一緒に回るイ・ボミ(韓国)、キム・ハヌル(韓国)らとの優勝争いで成長した姿を見せたいところだったが、序盤の乱調が響き、プレーオフに進出することが出来なかった。

最終日の熱戦をLIVE PHOTOで振り返る!
 「短いパットを外したり、ミスして崩れていたので…。ちょっともったいなかったと思います」と振り返った渡邉。スタートホールの1番からまさかの3連続ボギー。柏原明日架、飯島茜ら下から伸ばしてチャンスを伺う選手が多いなか、一気に4アンダーに落として優勝圏外に。

 しかし、前半の上がり9番で初バーディ後、11番からの連続バーディで息を吹き返し、15番でも奪取してトータル7アンダーに再浮上。「トップが伸びていなかったので“最後まで諦めないでプレーしたら、いけるんじゃないか”と思いました」と懸命に追いかけるも17番、18番でのバーディチャンスを逸して、1打及ばず4位タイで大会を終えることとなった。

 2日目はオフに取り組んだ100ヤード前後のショットが冴え、自信を深めたが、最終日の一歩及ばぬ結果となり「残念です」と悔やんだ。それでも「(ボギーを重ねてオーバーしてから)4つバーディをとれたのはもっといいゲームができれば優勝争いができたということ。これからの課題だと思います」と前を向く。

 昨季はボミ、テレサ・ルー(台湾)ら海外勢が賞金ランクトップ5を独占される中、1億円突破し6位に入り、日本人最上位になった渡邉。圧倒的な飛距離にショートゲームの成長が加われば、女王争いレースを引っ張ることも夢ではない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>