<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 最終日◇13日◇土佐カントリークラブ(6,217ヤード ・パー72)>

 「伸ばすことしか考えてないです!」前日の言葉通り、前半から飛ばした。国内女子ツアー第2戦『ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ』最終日、首位と4打差のトータル5アンダー・4位タイからスタートした柏原明日架は上位陣の停滞を尻目に、前半で4バーディ・1ボギー。ハーフターン時にはトータル8アンダーで単独首位に立った。

最終日の模様をLIVE PHOTOで振り返
 後半は立ち上がり10番でボギーを叩きその後伸ばしあぐねたが、最終18番でピン右奥8mのバーディパットを沈め、ガッツポーズ。同組の飯島茜、ひとつ後ろの最終組のボミとのプレーオフに進出した。

 初優勝へ好機はいきなり訪れた。プレーオフ1ホール目に約1.5mにつけ、飯島、ボミがバーディパットを外し、決めればツアー初勝利。だが「プレーオフに入ってからはパッティングで緊張してしまいました」と決めきれず、続く2ホール目も最も内側につけて決めれば勝利の状況を作り出すもバーディを取ることが出来なかった。「チャンスはあったのですが…下りのラインは仕方ないかなと思いましたがボミさんは(最後に)決めたので、そこが差かなと感じています」と粘り勝ちしたボミの強さを讃えた。

 開幕戦『ダイキンオーキッドレディス』予選落ち後、地元・宮崎に戻り、父でコーチの武道さんと調整。一定の手ごたえを得て大会に入ることが出来ただけに悔しさも残る。それでも「完璧ではない状態でこの位置にこれたことで、ゴルフの組み立て次第では上位に入れるという収穫を得ました。優勝はできなかったですが、価値がある大会でしたし、次の試合でも継続していきたい」と“前半戦1勝”を目指し、この経験を糧にすると誓う。

 開幕戦前に「全試合出場できることがなにより嬉しい」と笑顔を見せていた柏原。昨季は20試合のみだが、シード選手となった今季は38試合フル出場できるだけにリベンジのチャンスは十分にある。

<ゴルフ情報ALBA.Net>