<BMW ISPS HANDAニュージーランドオープン 2日目◇11日◇ザヒルズGC、ミルブルックリゾート>

 PGAツアー オブ オーストラレイジア主催の『BMW ISPS HANDAニュージーランドオープン』は2日目の競技が終了。初日日本勢トップの5位につけたホストプロでもある谷原秀人が6バーディ・1ボギーの“66”で回り、オーストラリアのマシュー・グリフィン、デヤン・ローソンの2人と8アンダーで並び首位につけた。

国内ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 この日、OUTからスタートした谷原は立ち上がり1番でバーディ発進を決めると6番、7番で連続バーディを奪取。前半はノーボギーで回りスコアを伸ばした。後半の10番、11番で連続バーディで8アンダーに伸ばす。14番では唯一のボギーを叩いたが最終18番で取り返し、そのまま8アンダーでフィニッシュした。

 その他日本勢では薗田峻輔がトータル5アンダーで5位タイ。藤本佳則、永野竜太郎、太田直己がトータル2アンダーで24位タイ。片岡大育がトータル1アンダーの40位タイ。また、選手会長の宮里優作はトータルイーブンパーの52位タイでカットラインぎりぎりで予選を通過した。

【2日目の結果】
1位T:谷原秀人(-8)
1位T:マシュー・グリフィン(-8)
1位T:デヤン・ローソン(-8)
4位:スティーブン・アルカー(-6)

5位T:薗田峻輔(-5)他
24位T:藤本佳則(-2)
24位T:永野竜太郎(-2)
24位T:太田直己(-2)他
40位T:片岡大育(-1)他
52位T:宮里優作(E)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>