<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 最終日◇9日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,270ヤード・パー72)>

 先週開幕したレギュラーツアーに続き、下部ツアーのステップ・アップ・ツアーも昨日開幕した『ラシンク・ニンジニア/RKBレディース』でスタート。その大会初日では吉野茜が6バーディ・3ボギーで回り“69”をマーク、3アンダーで単独首位に立った。

国内ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 迎えた最終日は、予定通り午前8時にスタートするも、降雨によるコースコンディション不良のため中断。天候の回復を待ったが、雨がさらに強くなり、午前11時に決勝ラウンドの中止が決定した。これにより、初日首位につけた吉野茜がそのまま優勝とななり、ステップ・アップ・ツアー初優勝を挙げた。

 「今日やってこの場に立ちたかったけど、優勝には変わりないので、率直にうれしいです」と率直な感想を語った吉野。「やっぱりアマチュアに負けるのはプロとしては屈辱だと思うし、今回も強豪のアマチュアに負けないのは当たり前の事と考えて優勝を狙っていたので、こういう結果になってうれしい」。アマチュアの新垣比菜に優勝を持っていかれた昨年の悔しさを一年越しに晴らすことが出来た。

 今オフは一から自分のゴルフを見直したという吉野。「昨年のシーズン中にテレビを見ていたら(プロテニスプレーヤーの)錦織くんがテレビで“初心者がやる事からコツコツやった”と言っていたので、一流選手でもこういう事をやるんだな。どうせダメなら私も最初から見直さないと」と奮起、グリップから修正に取り組んだ。そして、早速、開幕戦から「いいゴルフが出来た」と成果が現れた。だが、「まだ修正途中だけど、上手く自分に植え付けていって、さらに安定した結果が出せるようにしたい」と結果に満足せずに、さらに高みを目指す。

 1打差のトータル2アンダー2位タイには嶋田江莉と天沼知恵子の2人が並び、続くトータル1アンダー4位タイには鈴木麻綾、佐伯珠音、鬼頭桜の4人がつけた。

【最終結果】
優勝:吉野茜(-3)
2位T:嶋田江莉(-2)
2位T:天沼知恵子(-2)
4位T:鈴木麻綾(-1)
4位T:佐伯珠音(-1)
4位T:鬼頭桜(-1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>