<男子世界ランキング>

 最新の男子世界ランキングが発表され、「WGC-キャデラック選手権」で2週連続優勝を果たしたアダム・スコット(オーストラリア)が6位に浮上した。また、同大会を3位タイでフィニッシュしたローリー・マキロイ(北アイルランド)が世界ランク2位にランクアップ。35位タイで終えた松山英樹は14位に後退、61位タイだった宮里優作は101位をキープした。

【関連ニュース】短尺パターをクロウグリップに似た方法で右手を添える独特のグリップで握るアダム・スコット
 その他の日本勢は片山晋呉が72位で日本勢2番手をキープ。池田勇太が変わらず91位、岩田寛は100位に後退した。腰痛により長期欠場中の石川遼は126位と変動は無かった。

【男子世界ランキング】
1位:ジョーダン・スピース(11.35pt)
2位:ローリー・マキロイ(9.86pt)
3位:ジェイソン・デイ(9.63pt)
4位:バッバ・ワトソン(9.01pt)
5位:リッキー・ファウラー(8.18pt)
6位:アダム・スコット(7.48pt)
7位:ヘンリック・ステンソン(7.18pt)
8位:ジャスティン・ローズ(6.22pt)
9位:ダスティン・ジョンソン(5.99pt)
10位:パトリック・リード(4.89pt)

14位:松山英樹(4.52pt)
72位:片山晋呉(1.94pt)
91位:池田勇太(1.56pt)
100位:岩田寛(1.47pt)
101位:宮里優作(1.45pt)
115位:藤本佳則(1.39pt)
126位:石川遼(1.29pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>